CarRide

整備工場で生まれたクラウド型システム

CarRideでもっと稼げる整備工場に

CarRide誕生のきっかけ

CarRide(カーライド) 代表の湯佐です。 私が24歳で先代からカー用品販売会社を継いだとき、20億円の負債と5千万円の年間赤字があり、倒産まで1年という最悪の状況でした。4年間で経営再建したあと、「社会に貢献して利益を生む事業を創りたい」と強く思い自動車整備事業を始めることにしました。 整備事業は3ヶ月で黒字化したのですが、このままでは大きな成長は無いなと感じました。接客や事務などがスタッフ個人の能力に依存する形になっており、本来あるべき「仕組みで稼ぐ経営」にはなっていなかったからです。プログラミング経験のあった私は、その問題をITの力で解決することにしました。 すぐにインターネットで整備管理システムを探して色々とトライアルしましたが、どれも使いづらく、まともに動くものは月額3万円以上の6年リース。高額にも関わらず売上を伸ばすための機能はありませんでした。 結局、市販の整備管理ソフトを諦めて自社で開発することにしました。幸運なことにある有名サービスを1人で開発したwebエンジニアが手を挙げてくれたため、すぐに福岡から札幌まで飛んで採用しに行きました。 それから、自社の整備士とフロントスタッフからの意見をもらいながらカイゼンを重ね、CarRide整備管理を完成させました。あらゆる端末から使える最新クラウド型システムというのもこだわりです。タブレットを見せながら接客したり、出先からスマホで工場の稼働状況を把握したりするためです。 その後、整備事業はCarRide整備管理とスタッフたちの力が合わさり右肩上がりに成長を続けています。5千万円の年間赤字を出していた弊社が、社会に貢献できる企業に生まれ変わりました。 ある日、親しい整備工場の社長から「CarRide整備管理を使わせて欲しい」と電話がありました。詳しく聞いてみると、「大手の整備管理ソフトを使っているけど、高額だからパソコン1台にしか導入できないし、複雑すぎて使いこなせていないし、出先で使えない」という不満を持っていました。私は全国に同じような不満を抱えている整備工場があるのではないかと思い、CarRide整備管理の外販を決めました。 それと同時に、弊社整備工場の月間売上を400万円から650万円に伸ばしたネット集客ノウハウを集結したCarRideホームページ作成も外販することにしました。 今では多くの整備工場様にCarRideシリーズを使っていただけるようになりましたが、初心を忘れずに「もっと稼げる整備工場になりたい!」と思っている整備工場様の一助になれるようにカイゼンし続けていきます。

メディア掲載実績

×