CarRide

整備工場で生まれたクラウド型システム

CarRideでもっと稼げる整備工場に

CarRide誕生のきっかけ

CarRide(カーライド)代表の湯佐です。 CarRideは弊社整備工場で開発と試験を繰り返して生まれたシステムです。 私が24歳で先代からカー用品販売会社を引き継いだとき、20億円の負債と5千万円の年間赤字があり、倒産まで1年という最悪の状態でした。なんとか4年間で経営再建をしたあと、「社会に貢献して利益を生む事業を創りたい」と強く思い自動車整備事業を始めることにしました。 まず困ったのが、「業務を効率化したい」「システム経費を抑えたい」「売上を伸ばしたい」という3つの悩みを解決してくれる整備管理ソフトが存在しなかったことです。データ管理は経営の中心に位置します。 世の中に整備管理ソフトは無数にありましたが、どれも使いづらく、まともに動くものは月額3万円以上の6年リース。もちろん売上を伸ばすための機能はありませんでした。 結局、市販の整備管理ソフトを使わずに自社で開発することにしました。幸運なことにある有名サイトを1人で開発したwebエンジニアが手を挙げてくれたため、すぐに北九州から札幌まで飛んで採用しに行きました。 その後、弊社の整備士・フロントスタッフから何度も何度も意見をもらうことで、本当に使いやすい整備管理ソフトCarRideを完成させることができました。あらゆる端末から使える最新クラウド型システムというのもこだわりです。お客様にタブレットを見せながら接客したり、自宅からスマホで工場の稼働状況を把握したりするためです。 その後、CarRideとスタッフたちの力が合わさることで自動車整備事業はすぐに黒字化しました。5千万円の年間赤字を出していた弊社が、社会に貢献できる企業に生まれ変わった瞬間でした。 さて、日本には認証工場だけでも9万2千事業場あります。その中には「良い整備管理ソフトが見つからない」という当時の僕と同じ悩みを抱えている方がいらっしゃるはずです。そんな方にぜひCarRideを使って欲しいなと思い外販をすることにしました。 主要製品である「CarRide整備管理」は業界最安値で販売しようと決めました。他社システムが高すぎるために手書きやエクセルでの事務作業を続けている整備工場様や、今使っているシステムに不満を抱えている整備工場様の一助になれば幸いです。